《言葉》と戦う、《言葉》で戦う
英語学習タイピングゲーム

アドベンチャーモード

第1話 ここからはじまる物語

ストーリー
高校から帰宅中、バイクで崖下に転落した天藤雪海は奇跡的に一命を取り留めるも、記憶喪失になってしまう。
覚えているのは、病院に来てからの10日程度の記憶のみ。
退院を翌日に控えた満月の夜、雪海は『不気味な絵本の世界』に迷いこんでしまう。
それをきっかけに、妖怪退治や不思議な事件の捜査をすることになるのだが。
ジャンル 現代伝奇ファンタジー
プレイ時間 1時間程度
分岐 小さな会話分岐のみ。エンディングは1つ
ダウンロード 無料ゲームライブラリふりーむ!にて配信中

登場人物 紹介

主人公

天藤 雪海
月に笑われているだなんて。
俺は疲れているんだな・・・。
物語の主人公。
中ヶ崎にある横町第二高校の2年生。
交通事故により、過去の記憶を失っている。

イレギュラーズ

雪海が所属することになる『言霊』討伐隊のメンバー。高校生のみで構成されている。
長澤 あやめ
「わたしたちの仕事は、バウンダリーゾーンの入り口を見つけて、中にいる言霊たちを退治すること。ここまでは大丈夫?」
東ヶ崎にある月夜女学院の3年生。
イレギュラーズのリーダー的存在。
甘利 久馬
「なあ、天藤。うちのバイト、どう思う? 人には言えねぇ仕事だけどよぉ。悪いことではねえと思うんだ」
西ヶ崎にある西ヶ崎高校の2年生。
右目に眼帯をしている。
林 梅子
「イレギュラーズの仕事はレイソウ課のお手伝いだから、わたしたちも合わせて『おはよう』って言うんだよ」
中ヶ崎にある横町第二高校の1年生。
雪海と同じ学校に通っている。
(C)2015 CAROPOT All rights reserved.